5月6日から 国土緑化推進機構、組手什おかげまわし東海 より2名参加
 西原町の山西小学校 避難所へ組手什棚の指導と寄贈

5月5日 トラックが宮城県栗原市を出る。福島県古殿町、栃木県日光市、で積み込み。
      5月7日朝、熊本着予定。

5月6日 午後  国土緑化推進機構、組手什おかげまわし東海 熊本空港着
 県庁、森林組合連合会 を回る。組手什の地元生産をお願いする。
   
5月7日
 組手什トラック到着。荷下ろし。現地を見たら、玄関に傘が溢れていた。傘立てを子供達と作る。第1弾。避難所内部のために、ひくい棚、間仕切り専用を作成する。
 これは、東北震災の際に重宝されたもの。避難所の間仕切りは低い方が良い。そして、これまで床に置かれていた身の回りの品を収納できる。狭い場所を少しでも広く使う。
この日は、初見参だったので、見本作りと、翌日の組み立て参加を呼びかける。

 
 


 よるは、小国町へ。組手什生産の打診。

5月8日 朝、西原町へ。昨日夕方の呼びかけに応じて、多くの人が集まった。提供した間仕切り棚に加え、希望の形の図面をもってくる方までいて、多くのバリエーション、作品が出来ました。

 

 

 

 

夕方、阿蘇熊本空港へ.。帰路につく。

4月27日からの活動のご報告~1

 5月3日からの活動のご報告~2

 5月7日からの活動のご報告~3

 8月26日からの活動のご報告~3

 9月からの活動のご報告~4


inserted by FC2 system